ニューヨーク市地下鉄 – Cortlandt St.駅

15.04.27 撮影

通常鉄道路線では路線名で案内する事が多いですが、ニューヨーク市の地下鉄では路線名を案内に使わず、アルファベットや数字1文字で表した運転系統を案内サインに使用しているのが特徴です。
同じホームで待っていても、いくつかの系統の電車が入線しますが、アルファベットか数字を覚えておけば乗り間違うこともありませんし、思ったより分かりやすかった印象です。

こののりば位置標は、ダウンタウンとブルックリン方面のりばであることを表しています。
また、この駅は通常N列車(急行)は通過しますが、深夜時間帯に限ってR列車(各駅停車)がこの駅周辺では運行されずN列車が代わりに停車するので、R列車を使いたい場合は36St駅で乗り換える様に案内されています。
これは日本で言うと、深夜の時間帯に中央総武線が千葉方面~御茶ノ水での運行に限定され、御茶ノ水以西は中央線の電車が代わりに緩行線で運転しているようなものだと思います。

15.04.27 撮影

このサインはこの先に出口がなく、出口がホーム中程にあることを表しています。
日本では、このようにこの先に出口がない事を示すサインをあまり見ないので思わず撮りました。

ニューヨーク市地下鉄のサインは、系統名がシンプルで覚えやすく、観光客にも理解しやすい様に感じました。
また、どこを見てもサインだらけな日本とは対照的に、サイン自体が少なかった印象です。
それが逆にサインの誘目性を高めている様に感じたことが新たな発見でした。


関連写真・記事

タグ

      

コメントを残す

羽田空港 国際線ターミナル 東京メトロ永田町駅 のりば誘導標 JR西日本 京都駅 のりば誘導標 駅出口誘導標 京都駅 乗り場誘導標 サイン 京急 羽田空港国内線ターミナル駅 ソウルメトロ 江南駅 乗り場誘導標 東京メトロ半蔵門線 錦糸町駅 random image random image